ずっとセックスをお預けされていてやばかったです、、、

子どもがいると、夜なかなか主人とセックスができません。
しばらくご無沙汰をしていたのですが、お互いに体調も良く
時間も取れたため、今夜は久しぶりにしようということになりました。

子どもがやっと寝たので、お楽しみタイムが始まりました。
いい感じで濡れてきて、息づかいも荒くなったころ、
どういうわけか、子どもが目を覚ましてしまいました。

いったん中断をして、何とか寝かしつけたのですが、
寝かすまでの30分くらいの間に、気分が冷めてしまわないように、主人は
私の体をずっとスリスリとなでたり、胸を揉んだりしてくれていました。
その優しさにグッときてしまいました。
早く再開したいのに、なかなか出来ないもどかしさでいっぱいになりました。
ずっと体を愛撫され続けていて、いつもより感じまくってしまいました。
しかし、子どもにそれを悟られないようにするため、平然を装いながら
ピクピクする自分を抑えて、子どもを寝かしつけました。

おあずけ状態を初めて経験し、子どもがやっと寝てくれて再開した時には、
今までに感じたことがないくらい、とにかく全ての動作を敏感に感じてしまいました。
こんなに興奮して濡れて気持ちよくて、感じまくりのセックスは、初めてでした。
主人のペニスもいつもより固く感じました。

後から聞くと、精力剤のペニス増大サプリを飲んで、この日に備えていたとか、、、笑
彼が参考にしていたサイトはこちらでした。

途中で中断されて、おあずけで再開待ちの状態は、気分の良いものではありませんでしたが、
その我慢した時間のおかげか、今までで一番と言えるほど、最高に気持ちのいいセックスが出来ました。
ちょっとしたハプニングでしたが、かえって良い経験になりました。